2017/02/22

「それを良しとされた」~苦しみの中でも人生を楽しむ (3)




カラ・ティペッツ 
Kara Tippetts




 ←その(1) 

 ←その(2)

  • 弱さの中にある強さ
「 あなたが水の中を過ぎるときも、わたしはあなたとともにおり、
 川を渡るときも、あなたは押し流されない。・・・
 恐れるな。わたしがあなたとともにいるからだ。」
(イザヤ43:2・5、新改訳)

神様が共におられることが、なぜ私たちにとって受け入れがたい概念なのでしょうか。
自分が強いので、神様と距離をおきたいのかもしれません。
その強さがなくなり、取り去られ、あるいは揺らいだ時、私たちは神様に共にいてくださいと願います。
しかしそれまでは、神様とは安全な距離を保ちたいと考えます。
なぜなら、立ち入られたくないし、じゃまをされたくないし、日常生活であれこれ指示されたくないからです。
試練がやってきた時、私たちはイエス様にすぐそばにいてほしいと思います。
しかし試練が去ると、「ありがとうございました、イエス様。もうここからはやっていけます」と言うのです。

試練が神の主権のうちにあるのは、私たちが強い時には神に全き信頼をするのが難しいからです。神様の優しさです。
試練はしばしば強い人のところに起こり、苦い怒りをもって迎えられます。
怒りを引き起こすのは試練そのものよりも、強さをなくしたことについてです。
正直に言いますが、私は最も辛い治療の時、この苦しさがなくなるようにとではなく、
私に力が戻ってくるようにと叫び求めました。
もっと正直にいうと、今でもそれが私の祈りです。
試練の日を少なく、ではなく、強い日々をもっと、と。

私たちは強さを好みます。そのために生きています。
だからそれをなくすと、神様がよい方であることに疑いを抱きます。
しかし、自分自身の歩みを見る時に、強さをなくしたのは恵み、イエス様のそばに近づくための大きな恵みです。
今はまた、よくなること、少しずつでも前進を願って別の治療に入っています。
取り戻した力をどのように用いましょうか。
そしてまた苦しみがやって来た時、私の心は受け入れる準備ができているでしょうか。

「イエス様、この新しい試練の時にあなたに頼ることができて感謝します。
 この中にあって、誠実であらせてください。
 あなたが良い方であることを思い、苦しみをあなたと共に通らせてください」
と祈ることができれば幸いです。


←その(1)      ←その(2)