2017/09/27

漠然とした願い(3)

←その(1)    ←その(2)                 

神の促しを聞く

実際のところ、私は何をしているのか自分ではわかりません。
ただわかっているのは、神様が私に漠然とした、でも揺るがない願いを与えてくださり、そして私がそれに耳を傾けた、というだけです。
(神様は私たちすべてに、促しによって語ってくださるのです。)
神様は私を助けるために、賜物豊かな人を送ってくださいました。そして私たちは組織作りをしようとしたわけではありません。
ただ、人々を愛し、神様のなさることを見ようとしているのです。

あなたが影響のある分野で、人々をただただ愛することについて何ができると思われますか。
ぜひそれをしてみてください。
あなたの足の先を水の中に入れてみてください。
おそらく、あなたに神様が語っておられるのです。
私は人生をこれで終わりにしたくなかったですし、神様のうながしにもし応答しなかったらどうなっていたかと思います。
そしてまた同時に、神様からの促しと思われる漠然とした願いに応答することには、退職もないのです。

神様があなたが過去にしてきたすべてを用いて次のことをなさる、ということを軽く見ないでください。
私の年齢になる前には、あなたはもう少し知恵を身につけるでしょう。
神様は何も無駄にはされない、偉大な再活用(リサイクル)をなさる方です。
あなたのキャリアであれ辛い経験であれ、神様はすべてを益として用いられます。
あなたは何をしてこられましたか?また何をしてもらってきましたか?
神様がこれから用いることのできることではありませんか?考えてみてください。

さて、あなたは墓標に何を刻んでほしいですか。
私は「彼女はイエスのために何ができるかを知らなかった」と刻んでほしくありません。
退職して悠々自適の生活がだめだ、と言っているわけではありませんので、誤解しないでください。
どうぞ思いきり、旅行や孫との時間を作ってください。
(私の友人たちは、私がそれらがこの上なく好きだ、と口をそろえて言うでしょう。)

けれども、この世界が困難のために叫んでいるのは、イエスが望まれる状態ではないことを少し考えてください。
また、聖書にはそもそも「退職」がないのです(これについては別の記事が書けるでしょう!)
あなたにも、イエスの愛に基づいた願いが起こされますように!


←その(1)  ←その(2)